昇給のチャンスもある保健師

年収の高さを魅力として看護師になって働くことを選ぶ場合には、保健師の資格を取得できるようにしておくと有利です。

看護師が活躍できる業界として医療系や介護系が典型的ですが、他にも保健福祉系の業界で働くこともできます。医療や介護とは異なり、臨床現場からは離れて衛生管理や予防の観点から仕事をすることが特徴です。行政保健師、企業保健師、学校保健師などがその代表的なものであり、それぞれの職種によって仕事内容は多岐にわたり、大きく違っています。

しかし、どれを選んだとしても共通しているのはただ看護師として働いているよりは高給与で働ける点であり、勤続年数が同程度であれば数十万円から百万円程度の年収の差が期待できます。行政保健師や学校保健師で公務員になった場合には給与額が決まってしまっていますが、私立学校の保健師や企業保健師となると特別な定めがあるわけではないため、選んだ学校や企業によって給与額にも差が生じます。
特に企業の場合には一般社員と同様に昇給の機会があるため、他の職場に比べても高給与になれる可能性が高いでしょう。

企業保健師になる際に必ずしも保健師の資格が要求されるとは限りませんが、資格があれば手当が出るのが一般的です。高給与を目指すなら看護師資格を取得する際に保健師の受験資格も取得できるように看護学校を選んでおくと良いでしょう。

ただ看護師として働くよりも、保健師のようにより給与の高い仕事を見つけることが高給与獲得への近道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です