転職のしすぎにも注意

看護系の仕事をしている人が高給与を求めるときに役立つのが転職です。
業界内で転職をするとキャリアに応じた待遇を得られることが多く、収入を上げる方法として選ぶのは悪くはありません。

近年では、キャリアをつけて転職をすれば給与が上がると考えて度々転職をする人も増えています。しかし、気をつけなければならないのは、それを延々と繰り返すのは難しいという点です。転職を繰り返して高収入になるには限界があるということを覚えておきましょう。

最も顕著な障害になるのが、あまりに仕事をかえすぎていて働き続ける意志があるのかが疑問視されてしまう点です。採用したからには終身で働いて欲しい、と考えるのは雇用者側としてはもっともなことではないでしょうか。あまりに頻繁に転職していると、数年後にはいなくなる可能性が高いと考えられてしまい、本当に必要なタイミングでなければ採用を見送る決断につながってしまいやすくなります。
また、勤続年数が短いと、退職金が少なくなってしまうのも問題になります。いくら高給与であったとしても、退職金としてまとめてもらえるお金は多いに越したことはありません。

このような問題に頭を悩ませないようにするには転職の回数は最小限に留める必要があります。十分なキャリアができたときにだけ転職を考えるようにして、できるだけ繰り返さないよう心がけるほうが良いでしょう。転職しやすい看護業界ならではの考え方ですが、高給与にこだわり過ぎると後になって失敗しやすいので、転職を活用して給料を上げるのにはためらいの気持ちも持つ必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です