給与だけで考えると辛くなる

看護業界で働くメリットとして、高給与を安定してもらえるというのはよく知られています。

その事実を知って看護師を目指して看護の仕事に就く人もいますが、目指していたものが収入である人に多いのが臨床現場に馴染めないという問題です。特に看護の仕事そのものに興味を抱いていなかった人の場合にはこのような状況になりやすく、転職を考えるようになるでしょう。
その際の候補として業界外を考える人も少なくないものの、必ずしも外に目を向ける必要はありません。看護師としての知識や経験を持っている人材を募集していて、臨床現場に出る必要のない職場もあるからです。
最も典型的なのは企業であり、医療に関する全般的な知識や、看護に必要な相手に対する視点の持ち方などを重宝する仕事が多数あります。

専門性の高いものとしては治験コーディネーターや臨床開発モニターのように治験の計画や実施、進行状況の監視などに関わる仕事が代表的です。
一方、医療知識を活用する道としては、医療機器や医薬品のメーカーでコールセンターなどで顧客対応をしたり、MRとして医療従事者を相手に営業活動をしたりする道もあります。
また、一般企業からも健康相談室などでカウンセリングをする人材としても重宝されているため、仕事の幅は広いのです。

どの場合でも資格を有していることによって一般の社員よりは高給与で働けるため、まずは業界内に目を向けて転職先を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です